私のうつ病History

私、25歳男性が高校時代のうつ病発症にから今までについて何となく残っている記憶を辿っていく、そんな日記です。どのように25歳まで生きてきたのか、同じうつ病の人のヒントになれればなんて思っています♪

スポンサードリンク
(広告コード)

人の悪口は言わない

f:id:gakkicustom4:20180215205633j:plain

別にうつ病にかかる云々の話ではないかもしれませんが、

「悪口を言わない」ことが大切です。

特に、うつ病になると自分がどう思われているか不安になったり、

統合失調症気味になって悪口を言われている気がするから、

他人の悪口を言ってしまうなんてことが発生するケースがあるようです。

 

現に、私がそうでしたので....。

うつ病は「白黒付けたがる性格」ですので、

つまり、自分が「好かれている」か「嫌われている」としか区別できないのです。

 

 

なぜ、人の悪口を言わないほうが良いか。

それは以下の通りです。

 

■他人から見た時、自分が悪に見える。

 例えば、オフィスでAさんがその場にいないBさんのことを悪く言っていました。それはBさんが本当に悪いのかもしれませんが、Aさんのほうが悪く見えてしまいませんか?

 つまり、そういうことです。悪口を言っている姿を見られれば、真っ先に他人からの印象は自分が悪になるのです。言わないのが一番です。

 

■口にすることでヒートアップする。

 一度口にしてしまうと、歯止めが利かなくなってしまいます。そこら中に共感を持ってほしいという気持ちが芽生えるでしょう。そうすれば、悪口の言われている側の人間も黙ってはいないでしょう。何かしらのアクションを取ってくるはずです。あなたはそれを許せるでしょうか?おそらくさらに悪口や下手をすると手出しをすると思います。極力言わないほうがいいですね。

■環境が悪くなる。

 悪口を言うことで、所属しているグループの雰囲気が悪くなります。自分が他人の悪口を言っているとわかっている人は、自分が悪いことを言っている自覚があるので、あの時行ったことを聞いていた人が自分の悪口を言っているんじゃないだろうかと疑心暗鬼に陥ったりします。自分の蒔いた種で、他人を疑うくらいならば絶対に言わないほうが良いですよね。

 

 

さて、では、この気持ちはどうすればいいの?という話になってきます。

1、趣味でストレス発散

 とにかく、その人のことばかり考えていては時間の無駄です。自分の好きな時間を満喫することでリフレッシュできることが多いです。落ち着く読書をするのも良し、カラオケで思いっきり歌うもよし。とにかく自分の時間を充実したものにしましょう。

 

2、仕事であると割り切る(仕事とプライベートを分ける)

 あくまで、仕事であると割り切ることは大切です。たまに、仕事とプライベートを分けることができないといった人がいますが、分けておいて損はないでしょう。自分には仕事しかないという状況を作らずに柔軟な生活が必要です。

 

3、信頼できる友達にストレートには相談しない。

  どういうことか。信頼できる友達にもストレートにCさんが嫌いだ苦手だと相談してはいけません。あくまで、ほのめかす程度、相手が察することができないくらいに遠回しに言うのです。自分が悪口を直接行ってしまっては先ほども言ったように自分が悪のように見えてしまいます。うっすら気付いてフォローしてくれるような仲間が真の友達というものではないでしょうか。

 

 

 いかがでしょうか。

人に腹が立つとどうしても居てもたってもいられなくなりますよね。

しかし、ひとまず落ち着いて、状況を把握することが大切です。

そして、「人の悪口は言わないこと」を心がけてみてください。

人を悪く言わない人は周囲から信頼されて、人が寄ってくる人間になるでしょう。

一時のストレスよりも、多くの信頼のほうが欲しいですよね....?

 

 

私の悩み(2/14)

こんばんは。

 

今日の私の失敗なのか何なのかについて綴っておこうと思います。

私が、最近転職したことはちらほら記事にしているのですが、

同時期に入社した40代女性がいます。

 

どうしても、イラっとしてしまうことがいくつかあります。

・とにかくおしゃべりが好きなのか、私が黙っていてもひたすら一人でしゃべっています。それが、まず煩わしいこと。一人で静かに作業をすることが好きな私はそれが結構辛かったりします。

・あいてが無駄に頭が良すぎるので、なんでも記憶していた、一度目にしたものはいつでも引き出しを開けて追うことができるようで、容量が悪い私はいつも揚げ足を取られるように重箱の隅をつつかれるように何かしら言われます。別に強くいってくるわけじゃないですが、それにイラっとします。

・なんでも一緒に作業をしようとします。女子の特徴なのか。そもそも40代を女子と呼んでいいのかわかりませんが、なんでも一緒に作業をしようとします。要領が悪い私はついていくことができずに仕事もあまり覚えられないような状況です。良いセミナーなどを見つけても一緒に行きたがるし、とにかくくっ付いてきます。それが苦手です。

・結構人をdisります。それを聞いてて、こっちの気分が怠くなってきます。

 

 

 

悪い人ではないと思うのですが、いろいろと積もり積もって、

「いつも一緒じゃなくていいんで、私一人でやりますから」とキレ気味で行ってしまいました。不覚です。ここの管理人である私が.....。

 

まだまだ修行不足ですね。

もう少し掌でコロコロと転がせるようにならないといけませんね。

努力あるのみです。

 

改善の方法として考えたことが、

これから行きたいセミナーややりたい仕事がある時は極力内緒にして動こうと思います。とにかく一緒に行動したがるので。たまたま見つかったら一緒にやってもらうという形式にシフトしていこうかと思います。

こういう風に自分を振り返って、次の結果がどうなるかはまた心に負荷がかかりますよね。

 

皆さんは最近悩みはありますか?

みんな悩みは抱えております。自分だけじゃないのですよ。

 

 

自分と他人を区別する

f:id:gakkicustom4:20180213193915j:plain

うつ病患者によくみられるのが「自分と他人を別にみられない」ことです。

例えば、

・あの人に好かれていなければ嫌だ。

・この人はどうして自分のことをわかってくれないのだろうか。

・その人はなんで嫌な態度をとるのだろうか。私ならこうするのに。

....etc

 

 

 

 もちろん、ヒトっていうものは他人から評価され、自分の考えが受け入れられて、周囲の人間が思うように動いてくれることにやりがいや喜びを感じるものです。

 しかし、人によってはその人自身が相手を理解しようとしていないのに、自分が理解されないことに腹を立てる場合があります。これが「依存」です。

 さらに、依存する人は依存する人を呼び寄せる傾向にありますので、「共依存」に陥ります。すると、お互いに傷つけあい、症状の悪化につながります。

 

 では、依存をしないためにはどうしたらよいのでしょうか。

 ずばり、タイトル通り「自分と他人を区別する」ことが大切になってきます。

 

 

 

 簡単にいうと、「自分は自分」「AさんはAさん」「B君はB君」といったように、

 その人個人の価値観やキャラクター、置かれている環境を認めてあげることが重要になってきます。

 ・私は芸能人Aが嫌いだけど、B君は芸能人Aが好きなんだ。まぁ、でもそういう人もいるよね。B君は悪い子ではないし。

 ・私はアルバイトで学費を稼いで何とか学校に通っているけど、Aさんは部活やって習い事して親が全部学費を払ってくれている。でも、まぁそういう人もいるよね。Aさんは悪い子じゃないし。

 

ここで重要な口癖が「でも、まぁそういう人もいるよね」です。

 

www.utu-history.com

 口癖を作る重要性は上記の記事でお読みください。

 

人間って考え込んでしまうとどんどん悪い方向に進んでしまうので、

プラス方向の口癖を作ることで考え込むことにブレーキをかけてくれます。

人間の脳みそって意外と単純なんです。

 

そうと分かれば、

・あの人に好かれていなければ嫌だ。

 →でも、まぁそういう人もいるよね。私が常に一番なんてことはないし。
・この人はどうして自分のことをわかってくれないのだろうか。

 →でも、まぁそういう人もいるよね。相手は他人であるんだし。
・その人はなんで嫌な態度をとるのだろうか。私ならこうするのに。

 →でも、まぁそういう人もいるよね。悪い態度をとる人もいるだろう。

 

つまり、そういうことです。

自分の価値観と相手の価値観が必ずしも一致することなんてまずありません。

相手を他人として認め、自分も自分として認めていくことが大切なのです。

こつこつと日々努力をしてみましょう。

 

 

自分の癖を知る

 

f:id:gakkicustom4:20180212224515p:plain

 

自分の癖についてしっかり観察できていますか?

以前お話しした「自分を観察して薬を決める」を参考に新たな視点で見ていただけたらと思います。

 

www.utu-history.com

 

あなたは落ち込むときや緊張してしまうときに、何らかのスイッチが押される感覚がありませんか?

私は昔からそういうスイッチを感じ取っておりました。

 

例えば、

・トラウマな話が聞こえてくる。

・人の怒鳴り声が聞こえてくる。

・一対一で話をしなくてはならない。

本当に人それぞれあると思いますが、私はこんな感じです。

 

とにかく私の場合、対人に関することは緊張や落ち込みの対象でしたので、

人をとにかく遠ざけておりました。

しかし、人を遠ざけていてはあまり良質な生活は得られません。

 

 

ここで重要になってくることが、「自分の癖を知る」こと。

先ほど話をしたように、

自分が「このような場面でこのようなことが起こると落ち込む」ということを認知しておくことが大切です。

・トラウマな話に入りそうなときに、サッと話題を切り替える。

・人がイライラしているような環境にいち早く気付く。

・1対1で話をする場面になる前に、話を付ける。

などです。

大変あいまいな例になっているとは思いますが、

普段落ち込む癖を知っておくことで、未然に回避することが可能です。

落ち込んでしまう人はどういった場面で落ち込むかをはっきり認知できていないため、いざというときの回避行動に移せない傾向があります。

 

癖を認知し、素早く行動することで気分の落ち込みを回避することができます。

 

始めのうちはなかなか難しいとは思いますが、

日ごろ心がけておくことで徐々素早く対応できるようになります。

 

コツをつかんで、生活の質をよくしてみましょう。

 

 

習い事をしてみる

f:id:gakkicustom4:20180211200139p:plain

 

何か興味のあることはありませんか?

興味のあることを一つの習い事として通うことは非常にいいことだと考えております。

というのは、

①習い事は外に出なければいけない機会を与えてくれること。

②人と接する機会が得られる。

③努力できるものが1つ増える。

が挙げられると思います。

 

①習い事は外に出なければいけない機会を与えてくれること。

 これはつまり、家で閉塞的な生活をしている中で、外の刺激が少ない傾向にあります。そうすると、メリハリのある生活ができなくなり、生活習慣が崩れていきます。習い事があるとわかっていれば、特定の日にち・時間・場所で活動が行われることになります。すると徐々に一緒に習い事をしている健常な人と生活習慣が同じになってくると、だんだんと気分が明るくなってくると思います。

 

 

②人と接する機会が得られる。

 人と接する機会が増えることは大変良いことです。相手との会話で、今のトレンドだったり、相手の考え方、悩みなど共有し、学び取る機会が増えるからです。自分だけが辛いわけではないことや、こういう人もいると理解することもできます。もちろんなかには、なんとなく気が合わない人もいるでしょう。しかし、あくまで習い事です。上手く接する方法を会得できるチャンスだと思って話しかけてみるのも良いかと思いますし、どうしてもその人が活動をするうえで邪魔で気持ちが落ち込んでしまう場合は、習い事をやめればよいのです。決まりきった環境ではないので、環境づくりに必要なうえでのスキルを身につけるための失敗が許される場所だと思って気楽に習い事を始めるのが良いかと思われます。

 

③努力できることが1つ増える

 これは以前お話しした記事があります。

 「好きなこと」「頑張れること」は2つ以上持っておくことが重要です。

 

www.utu-history.com

  努力できることを2つ以上見つけておくことで、いざというときのストレス回避への道になりますし、何よりも他人に無いスキルを身につけることができて自信につなげることができると思います。そういった面で習い事というのは最適なのだと思われます。

 

 

ちなみに、私は吹奏楽のサークルに所属しております。

ものすごく下手ですが、外に出る機会や、いろんな性格の人と接する機会もあり、楽器ができるなんてなかなかいないのでスキルが身につき、少しは自慢ができるのではないかと思っております。

 

すこしでも、外に出たいなと思ったら、習い事お勧めいたします。

焦らなくても良いです。回復してきて、少し気が向いたらチャレンジしてみてください。

 

 

会社を利用してやるという気持ち

f:id:gakkicustom4:20180210203435j:plain

みなさんは会社に無理やり馴染もうとしませんか。

最近思うことが、何とかその会社で頑張ろうとしている人ほど、メンタルが削れているような気がします。

・今度のプレゼンは成功させないと

・期日が明日に迫っているから頑張らないと

・社員が自分の悪口を言わないように動かないと

いろんな感情が渦巻いていると思います。

 

 

私、一度転職をしておりまして、新しい環境の中で今も奮闘中なのですが、

仕事で会社に溶け込もうとしている人に言いたいことが、

会社の歯車にならなくてもいいのではないですか?

 

正直、あくまで私の感覚ですよ?

ずっと同じ職場に勤めてきた人って、なんか変わっている人が多い気がします。

前の職場に勤めていた時、転職してきた人は優しく、年下にも気配りができる人でした。ずっと務めている人は年下は上を敬うものだというスタンスの人がほとんどでした。後者はちょっと付き合いにくい人たちですよね。

 

つまり、何を言いたいかというと、

優しく親しまれ、出来る人ほどいろんな環境を経験していて、

良い意味で会社の歯車にならない。

むしろ、良い意味で会社を利用するくらいの懐を持っている人間なのではないかと思っております。

 

一つの環境にとらわれないということはメンタルにおいて非常に重要なことだと思われます。たしかに、新しい環境に踏み出すことは勇気のいる行為ですが、新しい環境は今までになかった価値観を与えてくれますから、いい刺激になっているのだと思われます。

 

自分の好きなように、自分の個性を前面に出しながら周囲の顔色を伺うことなく、

会社を利用してやるという気持ちで好きなように仕事をすると良いと思います。

会社を利用するくらいの気持ちで努力を重ねればスキルは磨かれ、他人にはない強みが生まれると思います。

 

今必死に、ストレスと闘いながら仕事に食らいついている方、メンタルバランスが著しく低下するくらいなら、新しい環境も良いのかもしれません。

 

あまり無理をしすぎず、視野を広く持ってみましょう。

 

 

 

今の私の悩み

雑談です。

本当に雑談です。

本当に本当に雑談です。

 

今の私の悩みなのですが、

転職した職場になんだか馴染めていないような気分がします。

つんつんした女性がいたり、そういう環境って結構怖いものです(。´・ω・)

つんつんしてる人ってなんであんなにつんつんしてるんでしょうね!

つんつんしていることで得することってあるのでしょうかね!

 

 

昔の私(小学生)なら、振り向いてもらえるまでニコニコ近寄って行ったと思うのですが、今はそんな度胸は全く無くなってしまいました。

 

踏ん張りや気張りが利かない感じといったところでしょうか。

まぁ、なんていうんでしょうか。人に笑顔を向けられなかった時が怖いのでしょうか。

自分のことなのによくわからないのは不思議なものです(。´・ω・)

 

あとは、記憶力がちょっと落ちてるかなって感覚を持ちます。

しばらく頭の回転を遅くしてましたから、頭の体操をしていかなくてはいけませんね!

 

どうですか?私の悩み。

みんな悩んで生きているんです。それを知ってもらえれば、悩むことは悪いことではないとわかってくると思います♪

 

今日はこんな感じで!

まだまだ、ブログ更新頑張りますよ!

 

ではまた!

 

 

スポンサードリンク
(広告コード)